罪悪感は限りなくゼロに近いです

今増えている不倫ですが、男性がするものというイメージをお持ちの方ももしかしたら居るかもしれません。

しかし、実際には女性の不倫率もかなり高くなっています。

ばれてしまうケースは男性の方が圧倒的に多いのですが、女性は男性と異なりかなりばれないように抜け目なく対策をしていることが多いので、実際の不倫件数は多いけれど、それが表になっていないということで、男性ばかりがしているイメージがある部分もあります。

ちなみに、不倫をしている女性における罪悪感というのはゼロに近いです。

もちろん不倫したいけれど、正義感、やってはいけないということがわかっていて、それを理性でコントロールされている方もたくさんいますし、そういった方からしてみたら信じられないことかもしれません。

しかし、昼顔妻というドラマが出てから特に流行語ともなり、メジャーな昼顔妻という言葉も出ているように、罪悪感なく外での恋愛を楽しむという傾向が増えています。

気持ちとしては遊びのケースもありますが、男性と比較して違うところが少しあります。

男性の場合には、身体の関係を強く求めるのですが、女性の場合には男性と違い、心のつながりを求めていることもあります。

遊びであっても、疑似恋愛であっても、自分のことをみとめてもらいたい、女として高めていきたい、という気持ちで不倫に走ってしまう方は多いです。

家庭内で、もうドキドキしない夫から、女としても見てもらうことができず、ただのお母さん的な存在になってしまっている、またドキドキした恋愛をしたい、と思っていても、実際には家庭を壊したくはないので、遊びでしかないことが多いです。

罪悪感はありませんが、ばれてしまうリスクはかなり大きくなりますので、ばれないようにするための力は持っています。

そのため、男性よりも発覚されづらいという傾向があります。

二人とも既婚か、片方が既婚で片方が未婚かということで、大きく状況も変わってきます。

女性が未婚の場合、男性からすると本気になられてしまうと困るということもあるでしょう。

もちろんそこにも相手の奥さんのことを考えるということはありませんし、基本的に不倫をするということは罪悪感がほとんどない状況での恋愛になります。

ですから、女性の気持ちもくみつつコントロールもうまくしていかなければならないので、男性既婚の場合は、男性に負担がかかってしまうこともあり、破局してしまうケースも多いのです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です