今も昔も社内不倫は、男女の恋愛の形として根強く残っています。

職場というのは、ある意味閉鎖された空間ですから、面倒な人間関係も多く、ストレスが溜まりやすい空間でもあります。

そういった状況の中で、バリバリと仕事をこなす上司に、女性社員が惹かれていくのも無理はありません。

また、40代ともなれば、妻との関係も微妙になっている上司も少なくありませんから、健気に働く女性社員に恋心を抱くことも少なくありません。

さらに、恋愛はリスクが高く内緒の関係になればなるほど燃え上がるものですから、絶対になくならないのです。

こういった事情、さらには、家庭にいる時間よりも職場にいる時間の方が圧倒的に長いのですから、不倫関係に陥るも仕方のないことですが、ここ最近では

不倫に対する世間の風当たりが強いことから、会社は非常に社内不倫には敏感になっていますから、会社にバレてしまうと、それ相応の処分が待っていることを忘れてはなりません。

絶対に会社にバレずに、社内不倫を進めるためには、相手選びが大切になります。

まず、口が堅いことが絶対条件になります。

中には、男性のことが好きなのではなく、男性の役職に惹かれ、さらにはそのことを自慢したがる女性もいます。

特に噂好きの女性に多い傾向がありますので、絶対に手を出してはいけません。

社内メールや携帯電話を使用しないこともバレずに不倫を進めるには絶対条件です。

こんなことはあり得ないと思う人も少なくないと思われますが、自分の携帯電話を使用すると、妻にバレると思い社内で貸与している携帯電話を使用している人は意外と多いのが実態です。

しかしながら、会社は不倫には過敏になっていますから、抜き打ちで貸与している携帯電話を提出させることも少なくありません。

メールや携帯電話のほかにも会社の車を使用することもご法度です。

不倫と言えば、圧倒的に男性が既婚者で、女性が独身のパターンが多く、女性も最初は結婚できないと理解できないとわかっていても、ブレーキがかからなくなることがあります。

そこで大切なのが、あまり長期間お付き合いしないことです。

できれば半年くらいを目途にして別れる方が気分的には楽です。

また、自分と同じリスクを持つという点では、既婚の女性社員とお付き合いあることもアリですね。

社内不倫をバレずに進めるためには、とにかく冷静でいることです。

相手にのめり込んでしまうと、ついついボロがでてしまうものです。

また、女性の性格を見極めるとが大切です。

不倫がバレるのは、物証よりも女性からバレてしてしまうことの方が圧倒的に多いことを忘れてはなりません。