社内不倫中に起こりがちな危機と乗り越え方

男女が結婚しても、結婚した当初とは違い、様々なことを経験することになります。

結婚したばかりの場合は相手のことがよく見えていないこともあります。

実際に同じ家の中で生活をしてみると、相手の嫌な面も見えてくることがあるでしょう。

それはほんのささいなことでもありますが、それが積み重なってくると相手に対して嫌悪感を感じるようになります。

決定的なものがあれば、いよいよ夫婦関係が破たんしてしまう可能性があります。

その場合、素直に離婚をするか、あるいはその状態を受け入れいるのであれば問題ありません。

ですが、時には不倫に発展してしまう可能性もあります。

男性が不倫をする場合のパターンの一つは、相手にしてもらえずさびしい時です。

男性の場合は性欲がありますので、体の関係がなくなった時に外に性欲を求めることがあります。

一方女性の場合は、男性に相手にしてもらえずさびしくなった場合や、男性の収入がなくなり生活がしにくくなった場合、不倫関係に陥ることも少なくありません。

不倫をする相手は様々ですが、インターネットを使って全く見ず知らずの相手と不倫をする人も少なくありません。

ですが、そのような傾向があるにしても相変わらず社内で不倫相手を探す人もいます。

これは、社内に男性と女性が半分ずついるような場所で起こり得ます。

社内で不倫をするときには周りにばれないようにする必要があるでしょう。

その相手とだけ接するときに言葉遣いが違ったり、妙になれなれしかったりすると、周りから変な噂が立ち、関係にも危機が訪れる可能性があります。

特に女性の社員は敏感で、ちょっとした男性の変化に気がつくことがあります。

たぶんばれないだろうと思っていてもばれる可能性が高いです。

そのため、社内で不倫相手を見つけることは簡単ですが、それを貫くことは非常に難しいのが現状です。

よく不倫関係で旅行に行く人がいますが、泊まりの旅行の場合には有休をとらなければならないことがあります。

この場合周りは不自然に感じるでしょう。

普段なかなか休まない男女が同じ日に休んでいるとすれば、二人には何かあるのではないかと察するはずです。

それだけではありません。

それを何度も繰り返すと、確実にこの二人は関係ができていると思われるでしょう。

これを避けるためには、同じ日に休まないことが重要になります。

休むことは、非常に目立つ行動ですので、ばれないだろうと思っていてもばれていることが少なくないです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です