残業で二人っきり…がやっぱり社内不倫の王道パターン?

不倫のケースでありがちなのが、社内不倫です。

その中でも不倫関係になりやすいシチュエーションといえば、残業で男女が二人きりになるというものです。

二人きりになりますと、当然のことながら会話をしながら仕事をします。

そして、二人きりならではの会話に発展していきます。

残業中ですからお互いに疲れた状態になっています。

ですから、仕事の話をするのではなく、プライベートな話をすることが多くなります。

プライベートな話をしますと、お互いに親近感を持つようになります。

そして、仕事が終わってから飲みに行くという流れになることが多いです。

仕事が終わって飲みに行きますと、お互いに疲れていますので、酔いのまわりも早く、開放的な気分になります。

社内での仕事中はビジネストークしかしていなかった二人が、プライベートな話で盛り上がります。

そして、仕事中では分からない意外な一面をお互いに発見して、それが魅力的に映るのです。

アルコールで酔って気分が開放的になっているということもあり、場合によってはそのまま意気投合してホテルへ直行して不倫に発展するケースもあります。

仕事で疲れた状態ですと、性欲が増すと言われています。

開放的な気分になっている上に性欲が普段よりも増した状態ですから、燃え上がるように愛を確かめ合います。

そして、不倫関係となるのです。

もし、その場でホテルへ直行せずとも、後日休みの日に会う約束をする場合が多いです。

そして、お互いのプライベートの姿を見て改めて意外性に気がつき、それが恋愛感情へと発展していくのです。

仕事中は厳しい言葉も飛び交うことがありますが、プライベートでは肩肘はらずにリラックスして会いますので、そのギャップにお互いが惚れていくのです。

そして、ただ会うだけでなく、もはやデートとも言えるような交際になっていきます。

そして、お互いが意気投合するのも時間の問題です。

気が合った瞬間に、恋愛がスタートします。

そして、ホテルへ行って愛を確かめ合うのです。

このように、社内で男女二人きりで残業というシチュエーションは、二人の距離を急激に縮める作用があります。

それは、二人しか社内にいないということもありますが、一緒にペアで仕事をしているという一体感があるからです。

この一体感が生まれることで、仕事以外の話題になり、そして、お互いにプライベートな一面を見せることになって、より親近感が湧くのです。

そして不倫関係へと発展します。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です