不倫が起こるきっかけはいくつもありますが、その中でも起こりやすい職場というのがあります。

中でも病院は可能性がとても高く、私自身も結婚して妻がいますが、時として誘惑に負けそうになってしまいます。

対象は主に患者さんで、同僚というのはあまり聞きません。

ではどうして患者相手に不倫が起こってしまうのかというと、病院というのは怪我や病気で運ばれてきて、入院中は家族がいても離れて一人きりになってしまいます。

そして体が弱れば精神面もつられる場合が多く、心細くなるのは当然です。

この状態はいわゆるつり橋効果と同じで、不安な時に頼りになる存在として医者や看護師がいて、その気持ちが恋心に変化していくことが多くなります。

その結果、不倫に走ってしまう場合が出てくるのです。

本気で愛しているというよりも、その時の不安や寂しさ、頼る人が欲しいといった気持ちが大きく、特に重症の人ほど現実逃避も含めて恋心に縋りつきたくなるケースが出てきます。

医療従事者も分かっているので簡単に落ちるわけではありませんが、時としてパートナーと喧嘩をしている、関係が冷え切っているなど、上手くいっていない時は心が揺れて誘いに乗ってしまいます。

これは誰にでも起こるもので、特に夜間の当直の時などは過ちが起こってしまう可能性が高いです。

また家族が入院して見舞いに来る人とも起こりやすく、これも同じように不安や心配で胸がいっぱいになってしまい、判断力が落ちてしまいます。

そういった中で医者や看護師に力づけられると頼りにしてしまい、やはり恋心と勘違いしてしまうわけです。

ただはっきりとさせておきたいのが、不倫が起こりやすい職場ですが、すべての医療従事者や患者がそういった行動に走るわけではありません。

あくまで可能性が高くなるといったもので、必ず陥るわけではないです。

ただ寂しさや心細さで不安になる、そういった中で患者にとって自分を助けてくれる医者や看護師は頼りがいがとてもあるように感じられます。

その気持ちが心の中で恋心に変わっていってしまうケースが多く、倫理観が消えてしまうと不倫というものが起こってしまう可能性が出てくるわけです。

そして私自身も妻がいますが、魅力的な女性から誘われると男として心が揺れる場合もあり、確かに浮気性の場合は走ってしまうのも無理はないと思います。

しかし環境による心の揺れであり、退院と同時に関係が解消されることが多いようです。

社内不倫を始める前に、バレたときのリスクを知っておきましょう。

社内不倫の最大のリスクは、それが周囲にバレたときに、最悪、会社にいられなくなってしまう可能性があるということです。

別に、不倫をした場合には懲戒免職とするなどという就業規則があるわけではないでしょうが、そんな規則がなくても、雰囲気的に気まずくなる、居づらくなるというのは十分にあり得ることです。

会社側としても不倫を知った場合に、見て見ぬ振りをするというか、とくに気にしないというのでは、会社は不倫というものを容認している、黙認しているという

誤ったメッセージを社員一同に対して与えることになりかねません。

そんなことになっては大変です。

社員のモラルが崩壊し、不倫以外の他の面でも業務上のいろいろな問題が噴出しかねないのです。

この会社はあまりモラルなどを気にしないのだなとそれぞれの社員が感じればどういうことになるでしょうか。

たとえば会社の機密情報を持ち出すとか、会社の備品を持ち出す、あるいは勤務時間中に仕事をせずに内職をしたり、近くの喫茶店でサボる社員が出るなどといったことになり、これでは会社の業績が上がるとは思えません。

これでは経営者としては困りますから、就業規則にあろうがなかろうが、モラルに反する行動をした社員には厳しく接することにせざるを得ないのです。

そのため、単純に評価を下げられる、役職の降格が行われるといった目に見える形の制裁だけではなく、仕事が与えられない、会議に呼ばれないといったような、ある意味では嫌がらせに思えるような処遇を受けるかもしれないということを覚悟しておく必要があります。

もちろんこれは嫌がらせのように見えても単なるいじめではなくて自業自得なのですから、それに対して文句を付けるなどは逆ギレそのものであり、何ら良い結果を生み出さないでしょう。

とくに、相手が同じ部門の人であれば、どちらも非常に仕事のしにくい立場に追い込まれるでしょう。

公平には、両成敗という形を取られるべきなのでしょうが、社内の地位によってはたいていはそうはなりません。

職位が上の者がその地位を利用してうまく立ち回り、職位が下の者だけが泣き寝入りをするということも多いのです。

もちろん、社内での立場というのは名刺上の肩書きだけではなくいろいろな意味での人脈やネットワークなども関係するでしょうが、それらも含めて、社内での立場が下の者がつらい思いをすることが多いというのは覚悟しておくべきです。

男女が結婚しても、結婚した当初とは違い、様々なことを経験することになります。

結婚したばかりの場合は相手のことがよく見えていないこともあります。

実際に同じ家の中で生活をしてみると、相手の嫌な面も見えてくることがあるでしょう。

それはほんのささいなことでもありますが、それが積み重なってくると相手に対して嫌悪感を感じるようになります。

決定的なものがあれば、いよいよ夫婦関係が破たんしてしまう可能性があります。

その場合、素直に離婚をするか、あるいはその状態を受け入れいるのであれば問題ありません。

ですが、時には不倫に発展してしまう可能性もあります。

男性が不倫をする場合のパターンの一つは、相手にしてもらえずさびしい時です。

男性の場合は性欲がありますので、体の関係がなくなった時に外に性欲を求めることがあります。

一方女性の場合は、男性に相手にしてもらえずさびしくなった場合や、男性の収入がなくなり生活がしにくくなった場合、不倫関係に陥ることも少なくありません。

不倫をする相手は様々ですが、インターネットを使って全く見ず知らずの相手と不倫をする人も少なくありません。

ですが、そのような傾向があるにしても相変わらず社内で不倫相手を探す人もいます。

これは、社内に男性と女性が半分ずついるような場所で起こり得ます。

社内で不倫をするときには周りにばれないようにする必要があるでしょう。

その相手とだけ接するときに言葉遣いが違ったり、妙になれなれしかったりすると、周りから変な噂が立ち、関係にも危機が訪れる可能性があります。

特に女性の社員は敏感で、ちょっとした男性の変化に気がつくことがあります。

たぶんばれないだろうと思っていてもばれる可能性が高いです。

そのため、社内で不倫相手を見つけることは簡単ですが、それを貫くことは非常に難しいのが現状です。

よく不倫関係で旅行に行く人がいますが、泊まりの旅行の場合には有休をとらなければならないことがあります。

この場合周りは不自然に感じるでしょう。

普段なかなか休まない男女が同じ日に休んでいるとすれば、二人には何かあるのではないかと察するはずです。

それだけではありません。

それを何度も繰り返すと、確実にこの二人は関係ができていると思われるでしょう。

これを避けるためには、同じ日に休まないことが重要になります。

休むことは、非常に目立つ行動ですので、ばれないだろうと思っていてもばれていることが少なくないです。

今も昔も社内不倫は、男女の恋愛の形として根強く残っています。

職場というのは、ある意味閉鎖された空間ですから、面倒な人間関係も多く、ストレスが溜まりやすい空間でもあります。

そういった状況の中で、バリバリと仕事をこなす上司に、女性社員が惹かれていくのも無理はありません。

また、40代ともなれば、妻との関係も微妙になっている上司も少なくありませんから、健気に働く女性社員に恋心を抱くことも少なくありません。

さらに、恋愛はリスクが高く内緒の関係になればなるほど燃え上がるものですから、絶対になくならないのです。

こういった事情、さらには、家庭にいる時間よりも職場にいる時間の方が圧倒的に長いのですから、不倫関係に陥るも仕方のないことですが、ここ最近では

不倫に対する世間の風当たりが強いことから、会社は非常に社内不倫には敏感になっていますから、会社にバレてしまうと、それ相応の処分が待っていることを忘れてはなりません。

絶対に会社にバレずに、社内不倫を進めるためには、相手選びが大切になります。

まず、口が堅いことが絶対条件になります。

中には、男性のことが好きなのではなく、男性の役職に惹かれ、さらにはそのことを自慢したがる女性もいます。

特に噂好きの女性に多い傾向がありますので、絶対に手を出してはいけません。

社内メールや携帯電話を使用しないこともバレずに不倫を進めるには絶対条件です。

こんなことはあり得ないと思う人も少なくないと思われますが、自分の携帯電話を使用すると、妻にバレると思い社内で貸与している携帯電話を使用している人は意外と多いのが実態です。

しかしながら、会社は不倫には過敏になっていますから、抜き打ちで貸与している携帯電話を提出させることも少なくありません。

メールや携帯電話のほかにも会社の車を使用することもご法度です。

不倫と言えば、圧倒的に男性が既婚者で、女性が独身のパターンが多く、女性も最初は結婚できないと理解できないとわかっていても、ブレーキがかからなくなることがあります。

そこで大切なのが、あまり長期間お付き合いしないことです。

できれば半年くらいを目途にして別れる方が気分的には楽です。

また、自分と同じリスクを持つという点では、既婚の女性社員とお付き合いあることもアリですね。

社内不倫をバレずに進めるためには、とにかく冷静でいることです。

相手にのめり込んでしまうと、ついついボロがでてしまうものです。

また、女性の性格を見極めるとが大切です。

不倫がバレるのは、物証よりも女性からバレてしてしまうことの方が圧倒的に多いことを忘れてはなりません。

不倫のケースでありがちなのが、社内不倫です。

その中でも不倫関係になりやすいシチュエーションといえば、残業で男女が二人きりになるというものです。

二人きりになりますと、当然のことながら会話をしながら仕事をします。

そして、二人きりならではの会話に発展していきます。

残業中ですからお互いに疲れた状態になっています。

ですから、仕事の話をするのではなく、プライベートな話をすることが多くなります。

プライベートな話をしますと、お互いに親近感を持つようになります。

そして、仕事が終わってから飲みに行くという流れになることが多いです。

仕事が終わって飲みに行きますと、お互いに疲れていますので、酔いのまわりも早く、開放的な気分になります。

社内での仕事中はビジネストークしかしていなかった二人が、プライベートな話で盛り上がります。

そして、仕事中では分からない意外な一面をお互いに発見して、それが魅力的に映るのです。

アルコールで酔って気分が開放的になっているということもあり、場合によってはそのまま意気投合してホテルへ直行して不倫に発展するケースもあります。

仕事で疲れた状態ですと、性欲が増すと言われています。

開放的な気分になっている上に性欲が普段よりも増した状態ですから、燃え上がるように愛を確かめ合います。

そして、不倫関係となるのです。

もし、その場でホテルへ直行せずとも、後日休みの日に会う約束をする場合が多いです。

そして、お互いのプライベートの姿を見て改めて意外性に気がつき、それが恋愛感情へと発展していくのです。

仕事中は厳しい言葉も飛び交うことがありますが、プライベートでは肩肘はらずにリラックスして会いますので、そのギャップにお互いが惚れていくのです。

そして、ただ会うだけでなく、もはやデートとも言えるような交際になっていきます。

そして、お互いが意気投合するのも時間の問題です。

気が合った瞬間に、恋愛がスタートします。

そして、ホテルへ行って愛を確かめ合うのです。

このように、社内で男女二人きりで残業というシチュエーションは、二人の距離を急激に縮める作用があります。

それは、二人しか社内にいないということもありますが、一緒にペアで仕事をしているという一体感があるからです。

この一体感が生まれることで、仕事以外の話題になり、そして、お互いにプライベートな一面を見せることになって、より親近感が湧くのです。

そして不倫関係へと発展します。

社内不倫にハマるOLには、同じような特徴があります。

最初に外見ですが、かわいくて色っぽくスタイルもいいです。

決して独身男性からもてないタイプではなく、よく声をかけられています。

過去に独身男性とおつきあいしてたけど、なんとなく物足りなかったとか、甘えさせてくれなかった女性は多いです。

ひどい振られ方をしたのでそれがいやになって、不倫をするということもあります。

では社内不倫している女性の、家庭環境はどうでしょうか?

どちらかというと父親とはうまくいっていない、いてもほとんどしゃべっていないという方のほうが割合が高いです。

社内の既婚男性に、父親のようなあこがれから恋愛に発展してします。

男性に包容力を求めるタイプで、甘えたいという願望が強いです。

不倫しない女性は、もしも彼と別れることになっても趣味を充実させたり、他に楽しみを持っているので立ち直ることができます。

しかし社内不倫する女性は、自分に自信がなく充実感がないので彼に依存してしまう。

特別魅力的でない男性も、包容力があったり優しいと勘違いしてしまうのです。

不倫する男性の言葉を、まともに信じている女性も多いです。

奥さんとはうまくいってなくて離婚したいとか体の関係は何年もないという言葉に騙されます。

そして、いつか彼と結婚できるのではないかと本気で思ってしまいます。

いい面でいうと本当の恋愛を知らない純粋なタイプです。

好きになってお付き合いすると、肉体関係を持ってしまうという女性も多いです。

不倫しない女性も、社内で好きな人ができることは多いですが既婚者とわかれば絶対に近づきません。

どんなにつらくても、不倫という一歩は踏み出さないのです。

なぜ、好きになって誘われても不倫という一歩を踏み出さないか。

不幸になることがはっきりわかっているからです。

これは自分の不幸でもあるし好きな人の家庭を壊したくないという気持ちもあります。

不倫する女性は相手に家族がいることを、なかなかイメージできないでいます。

失恋したばかりの女性や、家庭的に不幸な女性は世の中には山ほどいます。

誰かに聞いてほしい、助けてほしいと思ってもその相手は既婚者ではないのです。

なので、既婚者とおつきあいする女性は人間関係も充実していない方が多いです。

ひとりになりたくない、寂しい思いをしたくないという女性もいて既婚男性に目がいきます。

芸能人の成功例を、自分ももしかしたらと本気で考えている方もいます。

今の時代不倫をした人に対する風当たりは厳しいものですが、それでもそのような関係になる人って結構多い気がします。

というのは、自分の周りで社内不倫している人が何人かいるからです。

そして自分が知る限り社内不倫をしている組み合わせで多いのは既婚男性である上司とその部下である独身女性です。

やっぱり仕事関係で悩みを相談したりサポートしたりしているうちに、上司と部下という関係だけでは気が済まなくなるのかなと思います。

私自身は妻と子供二人の家庭持ちで会社での立場も上司に当たりますが、不倫はしていません。

家庭を壊してまで他の女性、ましてや部下に手を出そうなんて怖くて出来ません。

でも、不倫に発展してしまう上司の男性の気持ちが分からないわけでもないのです。

独身女性の部下は数人ほどいますが、中には既婚男であると知りながら進んで上司に近付く女性もいるんです。

その上司のことが本当に好きでアプローチする人がほとんどなのでしょうが、相手の幸せな家庭を壊すことを楽しむという恐ろしいタイプも存在します。

これは知り合いの話ですが、昔から他人のものを奪うのが大好きという女性部下に目を付けられた上司がいて、見事に落とされて不倫関係になりました。

しかし3ヶ月ほどして相手の女性が上司の妻に接触し全てバレてしまったのです。

もちろん修羅場になりかなり揉めた後に結局離婚にまでなってしまったそうです。

しかも、その女性は家庭を壊したら目的達成とでも言うかのように会社を辞め音沙汰なしになったということです。

その話を聞いて身震いしてしまい、自分は絶対に騙されないように気を付けなければと肝に銘じました。

あと社内不倫は周りにバレるリスクがかなり大きいと思います。

仕事中は気を付けていても、仕事終わりになると気が抜けてしまうのか少し隙が出来るのが分かります。

自分の会社でも不倫関係なんだろうなという二人がいますが、正直ほとんどの仲間が知っています。

でも本人たちはそれに気付かずに上手く隠しているつもりなのが何だかなという気持ちになります。

自分なんかは会社を出る時にその二人が我慢出来ずに腕を組んでどこかへ行く姿も目撃しています。

禁断の恋というスリルがのめり込んでしまう理由なのかもしれませんが、全てが知られてしまった後のリスクはやっぱり高すぎると思います。

社内にそういう雰囲気を持ち込まれるのも結構迷惑だったりするので、人間堅実に生きるのが一番だなと感じます。

男女の恋愛がある以上、不倫というのは無くなることはありません。

実場不倫を経験している人にアンケートをとったところ、職場、つまり社内で不倫関係を持ったという人がとても多いのです。

社内結婚をするカップルも多いため、職場というのは男女の関係になりやすい条件がたくさんそろっています。

つまり男女の関係になりやすいための要素がたくさんあるというわけです。

ちなみに職場での社内不倫のケースとして圧倒的に多いのが上司の立場にある男性が荒廃や部下である女性と不倫関係になるというパターンです。

まず職場というのは社会性が求められます。

職場では自分自身を抑えて会社から求められている成果を達成するために努力しなければいけません。

入社して間もない女性から見れば色々なことをてきぱきとこなせる男性上司はかっこ良くうつるものです。

元々女性は仕事が出来る男性をかっこよく見る傾向が強いため、身近な立場でそういった男性が居ると尊敬の対象としてみてしまいがちです。

更にそんな男性上司に自分の仕事のフォローをしてもらうと、ますます気持ちが強くなります。

次に男性上司側の視線から見ると、自分の成果のために頑張って働いている荒廃や部下の女性は構ってあげたくなるものです。

つまり、本人が望む望まぬにかかわらず、相手のために尽くしてあげたいという関係が成り立っているのです。

そして、同じ目標に向かって努力すると仲間意識が強くなり、特に仲良くなりやすいです。

一つのプロジェクトがうまくいった場合には男性上司側から軽い気持ちで後輩の女性を飲みに誘うことも多いでしょう。

そこからプライベートな話もするようになると、お互いの関係はどんどん深くなっていきます、元々同じ職場にいるわけですから、相手の時間の都合も手に取るように分かります。

不倫関係をとても続けやすい間柄というわけです。

そして、人間というのは長い間あっている人よりも頻繁に顔を合わせる人の方が仲良くなりやすいという傾向にあります。

職場では毎日のように顔を合わせますし、一日のうち三分の一は一緒に居る間柄です。

仲良くなるにはうってつけの環境といえるでしょう。

更に不倫をするとどうしても外出する時間が必要ですが、外出をする際の言い訳も車内不倫の場合はとても簡単です。

何処に行くのかと聞かれたら仕事しに行くと言えば言いのです。

実際に一緒に仕事をしている相手と会うわけですから、罪悪感もあまり感じなくて済みます。

不倫をしているカップルには様々な形があります。

そのケースのひとつとして、社内で不倫しているという場合があります。

これは結構多い不倫のパターンで、実は社内の人たちが気がついていないケースが多いのです。

しかし、そのようなカップルも平常心ではいられない場合があります。

自分たちが不倫といういけない事をしているという後ろめたさがあるので、それが自然と行動に出てきてしまうのです。

不倫をしているカップルが最もよく取ると言われている行動が、他人のふりをするということです。

あくまでビジネスだけの関係ということを当人たちは周囲の人たちにアピールするためです。

しかし、それが逆効果になっている場合があります。

ビジネスだけの付き合いということを強調しすぎるがあまり、不自然によそよそしい行動となってしまっているのです。

職場での同僚なら、もう少し気軽に会話などをするところですが、不自然に距離を置くがあまり、周囲の人でも気がついてしまうくらいによそよそしい態度になってしまっているのです。

このような男女が職場にいましたら、不倫をしている可能性大です。

かなり怪しい関係と言えるでしょう。

怪しい行動といえば、よそよそしい態度だけではありません。

よそよそしく行動をしていながらも、実は心の中ではイチャイチャしたいのが不倫カップルというものです。

ですから、隙あらば何かしらの行動をしようとします。

電子メールは職場でチェックされますし、仕事中に携帯電話ばかり操作していますと上司から注意されますし、周囲の同僚からも怪しまれます。

そのような時は、アイコンタクトをして今日の約束などをするのです。

アイコンタクトなら周囲にはばれないと思っているカップルですが、実は周囲の人たちというのは敏感で、すぐにそのアイコンタクトに気がつきます。

そして、直感で怪しいと分かるのです。

案の定、不倫関係だったということがよくあります。

ですから、アイコンタクトをしている男女がいましたら、かなりの高確率で怪しい関係にあると言えるでしょう。

このように、社内で不倫をしているカップルは、カップルであることを隠そうとするがあまり、よそよそしくしたり、アイコンタクトをするといったい怪しい行動をしてしまうのです。

しかし、それは職場の人たちにはお見通しで、かなりの確率で不倫関係にあることがばれているのです。

ですから、社内でそのような怪しい行動をしている男女がいましたら要注意です。

最近では、出会い系サイトやSNSを利用しての不倫が増加傾向にありますが、今も昔も不倫のケースとして圧倒的に多いのは、ズバリ「社内不倫」です。

しかも、同じ部署や隣の部署といった社内でも近しい存在の男女が不倫カップルになるケースが非常に多いと言われています。

仕事や職場でのイベントなどで二人きりになった時や、異性から頼られたりすると、何となく嬉しい気持ちになり、心を許してしまうものです。

そこから、恋愛関係に発展することはしばしばあります。

「仕事仲間との不倫なら家族にバレないだろう」という甘い考えが、根底にはあるのかもしれません。

最近では、既婚男性のみならず、既婚女性が社内不倫に陥るケースも増えているといいます。

職場での恋愛は、カップル本人たちは「誰にもバレていないはず」と思っているものです、しかし、知らないうちに会社の同僚たちに気づかれているというケースはよくあります。

妙なアイコンタクト、不自然に会話を避けている印象、相手を見つめる時の目がどことなくキラキラしている、など、どこか普通ではない雰囲気がちらついてしまうものです。

恋愛に敏感な方や恋愛経験が豊富な方ですと、ちょっとした不自然な点から二人の関係を見抜きます。

そして、女性は男性に比べ、この手の感覚に優れています。

つまり、恋愛に察しのいい女性と親しい関係にあれば、他人の力を借りるという形になりますが、社内不倫カップルを見抜くことができます。

一方、自力で社内不倫カップルを見抜きたいのであれば、どういうタイミングで社内恋愛が起こりやすいのかを知ることが大切です。

これは恋愛に疎い男性でも、多少の注意深さがあれば気づくことができます。

1つの例が、昇進のタイミングです。

昇進して仕事がノリにノっている方の場合、恋愛に対してもイケイケなマインドになりがちです。

また、奥さんがおめでたの時も不倫が起きやすいタイミングです。

このタイミングは、産後クライシスという言葉に象徴されるように、夫婦関係がギスギスしやすくなるデリケートなタイミングです。

この頃からセックスレスの夫婦になることもしばしばあります。

そこで、既婚男性が同僚の女性社員と恋愛関係に陥るというパターンです。

これら2つのタイミングで、特定の異性といつも一緒にいるといった場合、「二人は不倫関係かもしれない」と疑っても良いでしょう。

二人の会話やしぐさ、他の同僚との接し方の違いといったことを観察すれば、案外簡単に見抜くことができます。